新着情報

本文印刷

2017年 年頭所感

2017年01月04日

基盤事業の質的強化

 

新年のスタートにあたり、ごあいさつ申し上げます。

当社は、今期新たに策定した第5次中期経営計画で「基盤事業の質的強化」を基本方針に掲げています。国内土木・国内建築・海外事業を3本柱に、安定的・継続的な収益の確保を図り、業界内で確固たるポジションを獲得すべく、体制を整えていきたいと思います。

現在、国土交通省では、工事のあらゆるプロセスでICT(情報通信技術)を活用するi-Constructionを推進しています。これは、建設技術者・技能労働者不足に伴う対応策であり、建設現場の生産性を2割向上させることを目標にしています。当社もICTの取り組みを一気に加速させる機会と捉え、土木事業本部に「ICT推進部」を立ち上げました。現場と一体となり、スピード感をもって取り組んでいきます。


また、社会環境の変化から、誰もが働きやすい職場環境の整備に向けた「働き方改革」への取り組みも喫緊の課題です。既に担当部署を設置し、ワークライフバランスやダイバーシティといった取り組みを、積極的かつ継続的に推進していきたいと考えています。

今年も一年、お客様には誠実に向き合い、仕事には使命感を抱いて真摯な態度で挑んでいきたいと思います。

本年も、倍旧のご愛顧のほど、ひとえにお願い申し上げます。

社 長 宮 本 雅 文      

このページの上へ