技術とサービス

閉鎖性水域保全システム

特長


 都市近郊の公園池やお堀、ため池、調整池等の水質浄化・保全を目的とした浄化施設です。
超微細気泡の浮上分離効果を応用し、処理揚水量を少なくすることで、施設規模を縮減しました。
薬剤を用いないので生態系にやさしく、管理が簡単でコストパフォーマンスに優れています。

概要

システム


これまでの浄化施設は、揚水量が多く施設規模が大きくコストが掛かりました。
また、複雑な施設構造は、専門技術者でなければ、補修・修繕が難しく高い費用が必要でした。
当社は、水域の汚濁を水域内で一旦濃集し、濃集した汚濁水のみを揚水・ろ過するため、総揚水量が1/5~10程度となり、浄化施設の規模を縮減します。

また、簡単な構造は、補修や交換に特別な技術を必要とせず、3パーツに分割されているためメンテナンスや交換作業が容易で、交換費用も抑えることが可能です。

(1)集水装置→(2)濃集装置→(3)ろ過装置から構成されています。

システムを構成する装置

(1)浮島型給水装置

浮島
浮島

  • 水域内の任意の場所から吸水が可能
  • 水中ポンプを閉塞させるゴミの進入を防止
  • 浮力調整機能で経年沈降を防止

(2)超微細気泡発生装置

汚濁の浮上
汚濁の浮上

  • 水域から汚濁を浮上分離して濃集
  • 溶存酸素の供給(微生物活性を補完)
  • 濃集汚泥に空気のカプセルを封入し、嫌気化防止
  • 最多気泡径φ10~20ミクロン、気泡径調整可能

(3)特殊長繊維接触材

長繊維でのろ過
長繊維でのろ過

  • 浮上分離した汚泥を吸着回収
  • ろ材が自在に動くので閉塞しにくい
  • 耐候性が高く、耐久性に富むため、廃棄処分不要
  • ろ過材価格が安い


景観の改善(愛知)

景観の改善(愛知)

アオコの除去(愛知)

アオコの除去(愛知)

お問い合わせ

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム

このページの上へ