技術とサービス

本文印刷

PPP(官民連携)/PFI事業への取り組み

PPP(官民連携)

「PPP(Public Private Partnership)」と「PFI(Private Finance Initiative)」

「PFI」とは、公共施設等の建設、維持管理、運営等を民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う新しい手法であり、「PPP」はこの概念をさらに拡大し、公共サービスに市場メカニズムを導入し、サービスの属性に応じて民間委託、PFI、独立行政法人化、民営化等の方策を通じて、公共サービスの効率化を図ることです。

PFI事業スキームと当社(代表企業の場合)の役割

PFI事業は「SPC(特別目的会社)」と「公共団体」と「金融機関」の3者で契約を結び、事業を実施します。SPCは通常、従業員を雇用せず、代表企業として当社がSPC管理業務及びプロジェクト管理業務(プロジェクトマネジメント業務(以下、PM業務))を引受け事業を実施していきます。

佐藤工業のPFI事業に係る具体的な業務の説明

 

  • 取組み初期段階では(1)SPC株主企業の組織を構築し、(2)SPCに貸付をする銀行を募り銀行団(シンジケート)を組織(プロジェクトファイナンス)し、(3)提案書の作成と取り纏めを行います。
  • 落札後は、出資者としての社内外手続きとPM業務を実施します。PM業務は銀行団との融資契約を結ぶことと、上記のスキームに係わり、全ての契約を結ぶことが中心となります。
  • 建設会社としてSPCと建設工事請負契約を結び、建設工事のJVの代表として施工します。
  • 維持管理期間はPM業務等を行うことになります。
 

事例:「人と動物のふれあい拠点施設(仮称)」整備事業 (PFI)

発注者 新潟県(新潟県 生活衛生課動物愛護・衛生係)
新潟県HP http://www.pref.niigata.lg.jp/seikatueisei/1251403417930.html
分野 教育文化施設その他
建設地 新潟県長岡市関町一丁目
事業内容
本施設は人と動物が共生する心豊かな社会づくりを目指す県営の動物愛護施設。動物愛護や適正飼育の啓発を行うことを主目的とし、教育機能、動物愛護機能、適正飼育推進機能を備えた県民参加型の施設となります。
事業期間 2010年10月から2032年3月末日まで
事業方式 BTO
事業形態 サービス購入型
選定事業者 株式会社アニマルサポート長岡(代表企業 佐藤工業(株))

 


お問い合わせ

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム

このページの上へ