技術とサービス

本文印刷

SHFC(高流動コンクリートセグメント)

概要

「SHFC」は、セグメント製造に高流動コンクリートの実用化技術を適用した技術です。これにより、従来の富配合・低スランプの超硬練りコンクリートで必要とされていた、バイブレータによる振動締固めや手作業による表面仕上げ、さらに工程ごとの型枠移動を無くすことが可能になりました。これら製造工程の省力化と製造設備の簡素化によって、従来のRCコンクリートセグメントよりもコストの低減が図れます。

フレッシュ性状

フレッシュ性状

SHFCセグメント

SHFCセグメント

在来セグメントとの製作工程比較
在来セグメントとの製作工程比較

特長

工程の省力化

高流動コンクリートを用いたセグメント製造では、その特性により振動締固め、表面仕上げ、およびこれに係わる型枠移動等の工程が省略でき、製造工程を簡素化できます。

設備の簡素化

製造工程に伴って必要とした、バイブレータや型枠の移動設備が不要となります。

製造原価のコストダウン

製造工程の簡略化に伴う動力費の削減、製造設備費の削減、労務費の削減ができます。

施工実績

  • 上尾与野連系管路新設工事(第2工区)
  • 本牧埠頭付近管路新設工事
  • 臨海、第一広町T他2工事

お問い合わせ

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム

このページの上へ