技術とサービス

本文印刷

住まいながら耐震補強 外部鉄骨耐震補強工法

昭和56年以前に建てられた建築物では、耐震診断の結果、補強工事が必要となる場合が大半です。
外部鉄骨耐震補強は、建物外部から施工する補強工法ですので、建物の使用を中断することがありません。

日常の業務や入居者の生活に支障をきたさず、短工期で補強を行う本工法の採用をお勧めします。


お問い合わせ

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム

このページの上へ