技術とサービス

DO-Jet工法(Double Object-Jet Method)

概要


DO-Jet工法は、超高圧ジェットシステムを用いてシールド機・推進機内から、非開削・非接触で地中障害物の探査、地盤改良、切断・除去を可能にした工法です。

特長

  • 本工法は、超高圧ジェットを使用した「前方探査システム」・「超高圧地盤改良システム」・「切断・除去システム」の3つのシステムにより構成され、これらの特殊な機能を持った装置を掘進機にあらかじめ搭載しています。
  • 地中障害物の除去以外に、この3つのシステム機能をそれぞれ活用すれば多くの問題が解決できます。
  • 適用範囲は、推進工法で呼び径800mm~3,000mmまで、シールド工法でセグメント内径1,800mm以上まで対応できます。(1,800mm未満の場合は適用可能かどうかを、その都度検討)
 

( DO-Jet工法研究会ホームページより引用)

施工実績

  • 中央区日本橋小網町、日本橋栃殻町一丁目付近再構築工事

この技術を用いた工事実績

お問い合わせ

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム

このページの上へ