技術とサービス

アーバンリング工法

概要

アーバンリング工法は、鋼製セグメントのアーバンリング(分割組立型土留壁)を用い、都市域の厳しい施工環境に向けて開発された都市型圧入ケーソン工法です。トンネル等の立坑や人孔、橋梁等の基礎杭や橋脚補強、井戸や地下駐輪場など多目的に対応できます。

【国土交通省NETIS:CB-980014-A】

施工イメージ

施工イメージ

特長

周囲への影響の抑制

  • 近接構造物や周辺の地盤に影響を与えず安全です。
  • 地盤改良の必要がなく、地下水への影響がありません。
  • 振動、騒音を低減できます。

施工性に優れる

  • 高精度な鉛直性が確保できます。
  • 高い止水性が確保できます。
  • 掘削圧入時に坑内は無人化できます。
  • 工期の短縮が図れます。
  • 部材が小型軽量のため操作性に優れます。

制約条件に対応

  • 平面的な狭隘な施工ヤードに対応できます。
  • 上空制限(高架下・屋内)にも対応できます。
  • 一時占用帯(路面覆工下)の施工にも対応でき、路面解放が可能になります。

適用範囲が広い

  • 形状は円形、小判形に対応できます。
  • 内径は3~12m程度まで対応できます。
  • 深さは70m程度まで対応できます。
  • 土質は、軟弱シルト、粘土、砂、軟岩、中硬岩に対応できます。

施工実績

  • 第二岩淵幹線工事及びその3工事及び二次覆工工事、下水道排水施設工事(中央20-1工区)
  • 北区神谷一、三丁目付近再構築工事
  • 台東区池之端三、四丁目付近再構築工事、1-2及び二次覆工工事

お問い合わせ

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム

このページの上へ