技術とサービス

本文印刷

TKS(テール内形状保持システム)

概要

TKS(テール内形状保持システム)は、組み立て中のセグメントとシールド機の外殻であるスキンプレートとの隙間に空気圧による膨脹体を挿入し、圧力をコントロールすることで組み立て完了直後のセグメントリングを周囲から支持し、組み立て時からセグメントを正確な位置に保ち、セグメントの変形を抑制し、セグメントの欠けやクラックを防止する形状保持機能を有するシステムです。(早稲田大学 小泉教授の指導のもと東京メトロと共同開発)

シールド工事におけるセグメントの組み立てにおいて、組み立て中や組み立て直後は自重やシールド掘進に伴うジャッキの推力で変形することから、シールド機のテール後部内側に鋼製の形状保持装置を設けて、セグメントを内側から保持していました。この形状保持装置は、エレクター等のセグメントの組立装置との関係からシールドテール端部のみに設置できませんでした。またすでにRCセグメントの幅広化が進んでおり、断面形状が大きくなると共にセグメント1リングあたりの重量が大きくなるため、形状保持はセグメントの組立品質精度に大きな影響を及ぼします。

このような状況に対して、TKSを用いることによりセグメントの組立完了直後の不安定な状態を改善できます。


特長

  • 組立完了直後のセグメントを周囲から支持することにより、シールドジャッキの推進によるセグメントリングの変形を抑制し、セグメントの欠けやクラック発生を防止します。
  • 組立完了直後のセグメントの自重によって発生する変形および応力の発生を抑制します。
  • セグメント継手に締結力の弱い継手構造を採用する場合、セグメントリングの組立精度の向上が図れます。

施工実績

  • 東京メトロ副都心線西早稲田工区土木工事

この技術を用いた工事実績

お問い合わせ

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム

このページの上へ