技術とサービス

本文印刷

間柱型枠制震ダンパーを採用/経済的に耐震安全性を向上 制震化SHRCシステム

特長

設計自由度の拡大

制震ダンパーが間柱型で開口を設けやすく、地震時の変形制御効果によりスパンを大きくでき、平面プランの自由度を高められます。

梁柱断面の低減

地震力の多くを間柱型制震ダンパーに負担させる損傷制御設計により梁・柱をスレンダーにできるので、広い居間空間を提供できます。

耐震安全性向上を経済的に実現

梁柱のコンクリートや鉄筋の躯体数量を少なくできるので、経済的に安全性を向上できます。

概要

このシステムは佐藤工業式RC造超高層システム/SHRCに制震を適用したバージョンアップ技術です。

免震が建物基礎部で地震力を吸収するのに対し、制震は建物内で制震ダンバーにより地震力を吸収します。

制震ダンバーとしてRC造建物への接合を配慮した間柱型制震ダンバーを用い、その地震力吸収効果を応用した損傷制御設計を行うことで耐震安全性能の高いRC造超高層住宅を従来の制震構法よりも経済的に実現できます。

制震型SHRCシステム概要図


損傷型制御設計で耐震安全性向上

従来の設計では、地震時に梁や柱から構成される主架構の変形により地震力を吸収します。そのために、梁や柱は強固に設計しなければならず、断面が大きくなります。主架構のみで地震力を吸収するので現行規準では、鉄筋が降伏する等の損傷が生じます。

 一方、損傷制御設計では、制震ダンパーとして強度の低い鋼材からなる交換可能な部材を主架構内に組み込み、地震力をその部材の変形により集中的に吸収し、これを効果的に行うために梁柱断面を小さくして主架構を柔らかくします。これにより地震時、従来の設計よりもひび割れが少なく、鉄筋を降伏させないような極めて損傷が少ない設計が経済的に実現できます。 

配置しやすい間柱型制震ダンパー


普通鋼H形鋼ウエブを切り取り、そこに強度の小さい低降伏点鋼パネルを溶接した簡単な構造です。

【特長】

  • 低コスト。
  • 間柱型であるので開口を設けやすい(平面計画に支障をきたさない)。
  • スレンダーな形状であるため、戸境壁や外壁内にも設置可能。
  • 左右に連結して用いることで剛性や耐力の調整がしやすい。
  • メンテナンスフリー(大地震数回まで使用可能)。
  • S造でも適用可能。

間柱型制震ダンパーの接合方法


RC造への取り付けに向いた独自の接合方法です。接合方法は、間柱型制震ダンパーをRC梁内に貫通させる方式です。

ただしRC梁と剛接するために、エンドプレートや両側にはね出た拡張エンドプレートで補強します。

 ※特開2001-132266

お問い合わせ

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム

このページの上へ