佐藤工業ホームページENTRY

MESSAGE

メッセージ

強靭な体制を整えて、挑戦を後押し。
一人ひとりが可能性を伸ばせる環境を。

ゼネコンの一番のやりがいは考えたことが形になっていくこと、そしてそれが社会の役に立っていくことに他なりません。暮らしや経済活動の基盤となる施設を造って社会を縁の下から支え、より豊かな未来への架け橋となれる。それはこの仕事だからこその醍醐味だと思います。

苦心しながらも一歩ずつ前へ進む方法を考え、実行していくことで、いずれ大きな道ができていく。土木・建築の基本ともいえるこの歩みは、佐藤工業のこれまでの日々とも重なります。「トンネルの佐藤」とありがたい評判を長年いただく土木は、国土強靭化や再生可能エネルギー利用が喫緊の今、長い歳月をかけて磨いたトンネル建設や小水力技術を用いた工事の受注がますます堅調であり、また建築では体育館・アリーナや高層住宅、物流センターやデータセンターなどが注目を集めています。競争の激しい業界にあって着実に活動の場を広げてこられた要因は何なのか。あらためて考えてみますと、次の4点に集約されます。「経験から余すことなく学ぶ意欲」「答えを探し続ける思考力」「人と人を結び良い結果を引き出す相互力」「困難に立ち向かうチャレンジ精神」。4つの素養はそのまま佐藤工業を舞台に飛躍できる方々の人物像ともいえます。これらを身につけたいと考える人ならば、きっと手応えを感じながら活躍していただけるはずです。

一方で、迎える側である私たちがみなさんにできることは、上記の素養を育む環境の提供です。佐藤工業は比較的若い頃から現場で責任ある立場をまかせる風土、困難に挑む姿勢を後押しする風土があり、毎日がまさに生きた教科書といえるやりがいのある日々を過ごすことができます。また挑戦に失敗はつきものですが、一生懸命考えた末の失敗を許容するようなおおらかな社風があります。一生懸命に仕事に取り組む人が、可能性を伸ばせる場所、それが佐藤工業です。

創業160周年を迎え、「その仕事が、誰かの未来になる。」をスローガンに、未来に向かってさらなる一歩を踏み出しています。2022年1月には茨城県つくば市に「技術センターSOU」を新設。「SOU」というネーミングには「創る、想う、寄り添う」との願いを込めており、社会課題である脱炭素化への取り組みや、競争力強化のための新技術開発、現場への支援を行うシンクタンクとして、これからの成長を後押しします。SOUのセンター棟は、ZEB(建物で消費するエネルギーをゼロにすること)を念頭に、地中熱や躯体蓄熱を利用した建築物であり、未来を先取りした実践の場でもあります。

私たち経営陣にとって、160周年のスローガンにある「誰か」とは、お客様や社会に暮らす方々のみならず、佐藤工業で働くみなさんのことであり、今後入社してくるみなさんのことでもあります。DX(デジタルトランスフォーメーション)、データサイエンスへの注力、働きやすい環境づくりとやるべきことは山積していますが、力を発揮しやすい環境を整備するのはもっとも大事な仕事。一つひとつを実行し、より良い答えを探し続けていくと決意しています。
変化の激しい時代にあって、強靭な体制づくりを加速させていきますので、ぜひ期待してください。

代表取締役社長 平間 宏

「技と心のものづくり」を社会へ、そして世界へ。

佐藤工業は、160年の歴史の中で「ものづくり」の技と心を磨いてきた会社です。当社が得意とするトンネルをはじめ、道路・鉄道・上下水道等のライフライン施設、病院・学校・オフィスビル・工場など、手がける建造物は実に多彩ですが、それを支えているのは工事に携わる一人ひとりの力に他なりません。

ベテランと若手、技術系と事務系、社員と協力会社の方々。職種も経験も異なる人たちが協力し合い、互いに切瑳琢磨しながら、私たちにしかできない「ものづくり」をめざしています。その一つの目標に向かって私たちが一丸となったときに発揮されるマンパワー、これこそ当社が社会からの信頼を獲得しながら、成長し続けてこられた原動力と言えるでしょう。多くの実績で培われた確かな技術力に、心を一つにした人たちの想いが加わる。時代の要請やお客様のニーズに的確に応えていくため、ゼネコン業界も一歩先を見通した事業展開を図っていかなければなりません。その過程には様々な困難も予想されますが、私たちはこれからも技に想いを合わせた総合力で取り組んでいきます。

私たちがものづくりの先に見つめているものは、人々の生活、人生、そして未来です。それはまさに、日常生活から社会全体にまで大きな影響を及ぼす「環境づくり」と言い換えてもよいでしょう。このように聞くと、ゼネコン業界に興味を抱く学生の皆さんでも、希望と同じだけの不安を覚えるかもしれませんが、心配は無用です。当社では、充実した教育体制と経験豊かな先輩が皆さんのやる気を力強くサポートし、内に眠る可能性を引き出しながら成長を促していきます。皆さんの夢や希望、学生時代に学んできたことを、ぜひ佐藤工業で実現してください。そして、私たちと一緒に、社会へ、そして世界へと、「技と心のものづくり」を届けていきましょう。

採用担当

もとめられる力

オープンな心とチャレンジ精神を、未来の源泉に。

予測の難しい自然を相手にし、工事に携わる多様な人々を束ねていくゼネコンの仕事。いつもマニュアルどおりに進むとはかぎりません。ときに困難を前に立ち止まっては知恵を絞り、仲間や先輩との対話の中から最善の解決策を講じ、良い結果を導き出していかなくてはなりません。困難を突破するのは、やはり人の力です。

私たちが願うのは、皆さんに「コミュニケーションを大事にする人」であってほしいということ。弁舌巧みでなくてもかまわないのです。大切なのは、いつも他者の言葉に耳を傾けよう、そして、自分の考えを自分の言葉で話そうとする姿勢です。実際、佐藤工業で活躍できる人は、まずは自分の心を開いて人に接し、広い視野を持って物事に取り組める人達です。

社会へのデビューを間近に控えた皆さん。学生生活の中で勉強やサークル活動、アルバイト、海外旅行など、自分を成長させる環境はたくさんあると思います。どうか自分の可能性に限界をつくらず、さまざまなことにぜひチャレンジしてください。そして、そこから何を学ぶのかは皆さんしだい。その姿勢は新しい世界にも臆せず飛び込んでいける広い視野と柔軟性を授けてくれ、社会に出た後も大きな武器となってくれるはずです。