佐藤工業ホームページENTRY

PEOPLE

人を知る

佐藤工業で働く人たちは、どんな理由で入社し、どんな目標を胸に抱き、どんな仕事をしているのでしょうか。
ここでは、さまざまな現場で働く先輩社員のリアルな声をご紹介します。
職種も出身学部も多様な一人ひとりの言葉から、佐藤工業の社風やあなたの将来が見えてきます。

吉田 貴裕
2017年入社
北陸支店 小松木場潟作業所
工学部 都市工学科
DETAIL
萩原 奈々
2016年入社
東京支店 原町東部幹線作業所
工学部 社会環境システム学科
DETAIL
亀井 安徳
1994年入社
大阪支店 浪速シールド作業所
都市工学科
DETAIL
今藤 基希
2016年入社
北陸支店 加賀トンネル作業所
工学部電気電子工学科
DETAIL
須佐見 朱加
2015年入社
本社 土木事業本部 ICT推進部
工学研究科 エネルギー・環境工学専攻
DETAIL
本田 貢規
2016年入社
札幌支店 建築事業部 建築部
工学部 建築学科
DETAIL
寺内 鈴音
2015年入社
北陸支店 ショウワノート作業所
建築学科
DETAIL
佐藤 祐貴
2009年入社
名古屋支店 江南市新体育館JV作業所
建築科
DETAIL
青山 美穂子
2014年入社
本社 建築事業本部 構造設計部 構造設計第一課
工学研究科 建築学専攻
DETAIL
冨田 翼
2012年入社
九州支店 読谷リゾート作業所
生産工学部 建築工学科
DETAIL
市川 愛子
2016年入社
東京支店 管理部 経理課
経済学部 経済学科
DETAIL
白岩 俊一
2014年入社
大阪支店 廿日市清掃工場作業所
文学部 人文学科
DETAIL
関本 郷志
2011年入社
北陸支店 管理部総務課
人間福祉学部 地域福祉学科
DETAIL

入社理由を教えてください。

学生時代に、東京湾アクアラインの資料館を見た際に、海の中にトンネルを造るということが、目に見えるインフラの中で素晴らしいと感じました。その工事に携わり「トンネルの佐藤」と呼ばれるほどに、その分野に高い技術力を保持していること。また、幅広い施工実績などにも魅力を感じ、トンネル事業や様々な事業に携わってみたいと考え佐藤工業に入社しました。

現在の仕事内容・担当業務を教えてください。

現在の配属先は、北陸新幹線 金沢・敦賀間を結ぶ全長2,645mの高架橋を施工する現場です。現在、高架橋の基盤となる鋼管杭を主に施工し、躯体工へと移っています。担当業務としては、主に測量や写真管理などを担当し、現場がスムーズに進められるように作業しています。

これまでで一番思い出に残っている現場・職場はどこですか?

現在の現場が初めての現場です。普段の生活で目にする工事現場とは大分印象が違って、現場では構造物が徐々に出来上がっていく様子や、日々の積み重ねで完成された姿へと変わっていく施工過程や施工方法を目にすることができます。自分が行う測量などの作業が、想像していた以上に密に完成と関わっていることから、スケールの大きな仕事に携わっているという実感があります。

これから佐藤工業で成し遂げたいことや、今後の目標を教えてください。

父が同じ仕事をしており、幼い頃に父が造った構造物を見て衝撃を受けたことがきっかけでこの業界に入りました。将来、自分に子供ができたときに、自ら携わった構造物を見せられるようになりたいです。いまは、まだわからないことばかりですが、日々の作業で知識を身に付け、いずれはひとつの現場を任されるような人になりたいと考えています。

Career Path

1年目
工事担当

favorite construction

東京湾横断道路(アクアライン)

東京湾横断道路(アクアライン)

入社理由を教えてください。

大学時代に佐藤工業の山岳トンネルと造成の現場を見学したのがきっかけです。構造物の大きさや広さに感動したのと、職員と職人が楽しそうに会話している様子や職員が指示を出している姿を見てゼネコンのイメージが変わりました。各自異なる作業をしていましたが、みんな同じ目標に向けて仕事をしている姿を見て、私も達成感や喜びを共有したいと思いました。また佐藤工業は、構造物の実績が幅広く多いことから、規模の大きい仕事が出来ると思い入社しました。

現在の仕事内容・担当業務を教えてください。

所属先は、宮城県仙台市発注の浸水被害を低減させるための雨水排水用トンネルを構築する工事現場です。当現場のシールド工事は昼夜2交代制になっており、私は昼勤を担当しています。シールド工事の仕事は、掘進指示書をもとに安全なトンネル掘削が出来るよう掘進管理を行うことです。現在の主な担当業務としては、材料調達・管理、現場の工事写真撮影、測量などを行っています。

これまでで一番思い出に残っている現場・職場はどこですか?

入社して研修を終えてから現在の配属先にいますので、一番思い出に残っている現場は原町東部幹線作業所の現場です。シールド工事の初期掘進工を行っていた時、掘削土を安定した状態で排土できないトラブルが発生しました。先輩や上司の方々が知恵を出し合い、一丸となってトラブル解決に向けて取り組む様子をみて、自分も対等に話せるくらい成長したいと強く感じました。早く技術や知識を身につけて、その力を発揮できるようになりたいです。

これから佐藤工業で成し遂げたいことや、今後の目標を教えてください。

成し遂げたいことは、10年くらい先の話になると思いますが、結婚して子供がいる環境でも現場で働くことです。業界を見ても、子供がいながら現場で働く女性技術者はまだ少ないと思いますが、いずれ実践できたらいいなと思っています。また、職員や協力会社のみなさんから信頼してもらえるようになることが今後の目標です。そのために今の業務を確実に丁寧にこなし、日々の積み重ねを大事にしていきたいです。

Career Path

1年目
工事担当(ケーソン工事)
2年目
工事担当(シールド工事)

favorite construction

黒部トンネル

入社理由を教えてください。

幼少の頃から物造りに興味があり、将来は建設関係の仕事に従事したいと思っていました。そして、進路を決めるときに『同じ造るなら大きな物を造りたい』との思いと、職種が現場監督であるため現場を指揮し、施工を管理する業務が技術者としてやりがいをもって従事できる仕事であると考え、ゼネコンである佐藤工業を希望しました。

現在の仕事内容・担当業務を教えてください。

工事着工前に施工方法及び施工手順を立案して施工計画書を作成します。工事開始後は、計画通りに施工できるように指揮・指導を行い、問題が発生した場合は対処方法を指示して工事を進めていきます。また、発注者との協議・打合せを行い品質管理のデータ、施工状況などの報告を行い、完成書類の作成を行っています。その他に工事の関係部署である労働基準監督署、地下埋設物の管理企業などとも工事が円滑に進むように協議を行っています。

これまでで一番思い出に残っている現場・職場はどこですか?

私が一番思い出に残っているのは入社4年目に配属になった京都府のシールド工事の現場です。初めて工事の着工時から施工に携わり、山裾を整地して発進基地を造成し、シールドマシンの発進から到達まで施工した印象深い現場でした。私自身2回目のシールド現場だったため、測量から資材の発注など一通りの業務を任され、苦労も多かったですがトンネルが貫通した時の感動は今でも鮮明に覚えています。

これから佐藤工業で成し遂げたいことや、今後の目標を教えてください。

今までに地下鉄の建設やライフラインの整備など大規模な工事に関わり、社会資本の整備に貢献していると自負しています。今後も将来に役立つ誇れる仕事を続け、これからの若い技術者達と一緒に汗をかき、苦労しながら技術とやりがいを伝承していきたいと考えています。そして、これから入社してくる若手社員達が『佐藤工業を選んでよかった』と思える先輩・上司でありたいです。

Career Path

1年目
工事担当
12年目
主任技術者
20年目
工事課長
22年目
監理技術者

favorite construction

京都市営地下鉄東西線御陵トンネル

入社理由を教えてください。

会社説明会に参加した際、当時の機電課長がゼネコンの機電とは何か、どのようなことを行うのかを詳しく説明してくださったこと。先輩社員との座談会では多くの先輩方が施工に携わってきた構造物に誇りをもっている姿を見て、私は機電の面から施工に携わり、数年後は自分が携わった構造物に対して誇りを持てるようになりたいと思い入社しました。

現在の仕事内容・担当業務を教えてください。

トンネル掘削における電気設備や坑内環境設備などを担当しています。主な仕事内容は協力会社との打ち合わせや坑内設備の材料注文、設備施工後の管理などです。また、現在の現場はベルトコンベアによりトンネル掘削の際に出たズリを搬出しており、作業サイクルの生命線になるので日常管理を重点的に行っています。

これまでで一番思い出に残っている現場・職場はどこですか?

東北支店の町道三枚堂大ヶ口線(仮称)三枚堂大ヶ口トンネル築造工事です。機電職の上司がいない初めての現場でした。施工方法や作業日時など自分で協力会社との打合せ日程を調整し、設備施工工程を考え、実際に現場で施工しました。無事故で終えることができた時には、今までにない達成感を得たと同時に、自分の未熟さに悔しい思いをしたことを覚えています。

これから佐藤工業で成し遂げたいことや、今後の目標を教えてください。

多くの現場で機械、電気は必要不可欠です。機電職として段取り、打合せ、施工管理を確実に行い、安全に施工出来るように取り組みます。また、当社は機電職員が少ないので1つの現場を確実に管理し、数年後には複数の現場を担当出来るような機電職員になりたいです。

Career Path

1〜3年目
機電担当

favorite construction

東京湾横断道路(アクアライン)

入社理由を教えてください。

ずばり、「社員の方が魅力的」だったからです。就職活動を進めていく中で、「何をしたいか」より「誰と働きたいか」に重きをおくようになりました。そんな中、佐藤工業の会社説明会で、社員の方が目を輝かせながら「モノづくりの魅力と仕事のやりがい」について話をしている姿に感銘を受け、私もその一員となって働きたいと思いました。実際に入社してみると、上司や先輩から丁寧な指導を受けられ、恵まれた環境だと感じています。

現在の仕事内容・担当業務を教えてください。

「ドローン女子」です。所属するICT推進部は、現場の生産性向上を目的としたICT機器の積極的な活用や技術開発に取り組んでいます。その中でも私は、UAVやレーザースキャナーといった3次元の計測・解析をはじめ、トンネル計測に関する技術開発にも携わっています。機器やソフトは初めて扱うものが多く、悪戦苦闘の日々ですが、勉強し、自分のできることが増えていくことに喜びを感じています。

これまでで一番思い出に残っている現場・職場はどこですか?

入社1年目の時に携わった「さく井工事」です。予定通りに進まないこともありましたが、その都度、協力会社の方と話し合いを重ね、最善の策をとるよう心掛けました。初めての現場管理で緊張の連続でしたが、無事削孔出来たときの達成感を皆で分かち合えたことは、何物にも代えがたいものがありました。

これから佐藤工業で成し遂げたいことや、今後の目標を教えてください。

当面は目の前の業務を着実にクリアし、その中で豊富な知識や技術を身につけたいです。そして、わからないことや問題が発生した際には「須佐見に相談すれば大丈夫」と、誰からも頼りにされるプロフェッショナルになりたいです。

Career Path

1年目
技術研究所/研究補助
3年目
本社/ICT推進(3次元計測)

favorite construction

首都圏外郭放水路調圧水槽

入社理由を教えてください。

人とのコミュニケーションが多く、リーダーシップをとっていけるような仕事をしたかったからです。昔から人と話すのが好きで、学生の頃に行っていた部活動でも部長を務め、人をまとめることが好きでした。この二つを踏まえて就職活動をしていたときに見つけたのが佐藤工業でした。品質向上を図るためにお客様だけでなく職人さんとの密なコミュニケーションを積極的に取ること、若手の教育にも力を入れている佐藤工業に魅力を感じました。

現在の仕事内容・担当業務を教えてください。

コンクリートと鉄筋工事を担当しています。コンクリートは引張りの力に対して弱い傾向にあります。そのため鉄筋は、引張り力を補うといった重要な役割があります。コンクリート打設前には、指定された径と本数が入っているか、鉄筋が腐食しないよう対策はされているか等のクリアしなければならない項目があるので、それに沿って管理を行っています。コンクリートと鉄筋の施工管理は堅固な構造体を作るためにはとても重要な業務です。

これまでで一番思い出に残っている現場・職場はどこですか?

二年目に配属されたスポーツクラブの現場が印象に残っています。一部の躯体図面、仮設図面を作成しました。図面を元に職人さんと打合せを行い、施工してもらうのですが、自身が作成した図面通りに物が完成したときはとても嬉しかったのを覚えています。またしっかりとした打合せを行うことで、職人さんの段取りや作業スピードが変わっていきます。事前の打合せがとても重要だと実感しました。

これから佐藤工業で成し遂げたいことや、今後の目標を教えてください。

一つの建物を作るには、20社以上の専門会社と協力して初めて建物が完成します。これからは担当工事だけでなく、全ての工事を打合せ・段取り出来るように知識を養い、経験を積んで誰からも必要とされる人材になりたいです。また施工管理という仕事をする上で、一級建築士・一級施工管理技士といった資格が必要になります。そのため日々の業務をこなしながら、資格の取得に向けて勉学にも力を入れ、一年でも早く立派な所長になりたいです。

Career Path

年目
工事担当(内装工事)
年目
工事担当(コンクリート・鉄筋・仮設工事)

favorite construction

函館アリーナ

函館アリーナ

入社理由を教えてください。

私が施工管理という職種を選んだ理由は、現場で建物を造ることに興味があったからです。なにも無いところから始まり、最後には今後ずっと残っている建物の建設に自分が関われたことでやりがいを強く感じられると思ったからです。また、地元北陸で大きな建物の工事に携わることや海外での仕事をしたいという以前からの自分の思いが達成できるのではないかと考え、入社を決めました。

現在の仕事内容・担当業務を教えてください。

現在は、工場の改修工事で工事係としてやっています。業務内容としては、工事写真や毎日の作業間調整、各種工事の進め方の計画等を主に行っています。自分の計画したことや指示を出した内容で実際に現場が動き、少しずつ建物が出来ていくのを見ると、とてもうれしく感じます。またその反面、何をするにも緊張感があり、充実した毎日を送っています。

これまでで一番思い出に残っている現場・職場はどこですか?

入社すぐに配属された病院の新築工事の現場です。この現場を通して、どのように建物が作られていくのか、現場管理とはどういうものなのかを知ることが出来ました。何度も失敗をしながらも自分で出来ることが少しずつ増えて、小さなことでも自分に仕事を任せてもらえたときは、前に進めていることが実感できました。また、さまざまな職種の人たちと関わり、毎日少しずつ知識が増えていくことにも面白いと感じられるときが多くありました。

これから佐藤工業で成し遂げたいことや、今後の目標を教えてください。

今後は、現場それぞれで条件や工法、仕様など異なる中で、今出来ることを自分のものにしながらも、もっと知識・能力を身につけ、海外や地元北陸の工事での現場管理を行っていきたいと思っています。そのためにも、まず資格取得をめざしたいと思っています。

Career Path

1〜4年目
工事担当

favorite construction

ブッダトゥースレリック寺院(シンガポール)

入社理由を教えてください。

私が小学生の頃、地元庁舎の新築工事が行われていました。更地から建物が出来上がって行く様子を見て、圧倒された事は今でも覚えています。建設業に憧れを抱いたのはその時でした。その頃の憧れを捨てきれず、高校受験先は、工業高校の建築科へと進学。施工管理に興味を持っていたため、ゼネコンに的を絞って就職先を探していたところ、偶然なのか、はたまた運命なのか、小学生の頃、建設業に強い憧れを抱くきっかけにもなった庁舎の新築工事を行っていたゼネコンである佐藤工業を見つけました。佐藤工業は、歴史も古く、実績も多岐に渡り全国展開もしていましたので、グローバルに活躍する事が出来るのではと思い、入社を決めました。

現在の仕事内容・担当業務を教えてください。

現在、江南市新体育館JV作業所にて体育館新築工事の現場管理を行っています。本現場から工務をメインとして業務を行っており、主に施工図の作成・チェック・修正、発注者・設計者・協力業者との打合せや発注者・設計者への打合せ資料作成、金額の折衝等を行っています。実際に自分が考えた納まりや、発注者・設計者と打合せした内容を施工図に反映を行い、その内容が実際の現場に反映されるのを見ると非常にやりがいを感じるポジションでもあります。建物を築く上で、最も難しさを感じる事は、設計図通り上手く進まないところが挙げられます。代替案を選ぶにも、どうすれば設計図と同等のものでありながら、コスト・品質・工程そして、発注者・設計者を満足させられるのか、その問題を解決に導いた時の、達成感は何ものにも代え難いものです。

これまでで一番思い出に残っている現場・職場はどこですか?

まだ9年目という事もあり、入社してから現在まで全ての物件が印象的でそれぞれ特徴のある物件だったと感じてしまいます。しかしどの建物においても、共通して言えることは、苦労の多い分達成感が非常に大きい事です。現場管理の職務は技術職でありながら、サービス業でもあります。分譲マンションでは、入居者の一生ともいえる住まいを提供する事が出来たこと。
病院では、患者さんの受け入れが出来る場所を提供する事が出来たこと。食品工場では、普段口にするコンビニ弁当などを調理する場所を提供する事が出来たこと。多種多様な建物を作ることによって、社会貢献に繋げられていると思っています。苦労したという事は、自分の人生のステップアップに繋がっている証拠でもあります。苦労した自分自身の経験をもとに問題となりそうな事柄を事前に検討し、問題が起こる前に対処出来れば成長出来ている証でしょうし、言われる前に対処する事は発注者、設計者、協力業者への信頼にも繋がると思っています。

これから佐藤工業で成し遂げたいことや、今後の目標を教えてください。

責任感と緊張感を持って、またより多くの知識を取り入れて30代前半で作業所長になることを目標としています。

Career Path

1〜7年目
工事担当
8年目
工事主任
9年目
工務主任

favorite construction

ゲートタワービル“ビーハイブ”

入社理由を教えてください。

様々な用途の建物や大規模な建物を設計したいという思いがあり、また意匠設計や設備設計と身近に働ける環境が良いと思い、ゼネコンの構造設計を選択しました。数あるゼネコンの中で当社を志望したのは、この会社の雰囲気がまじめで誠実だけど堅苦しくない、アットホームな感じだからです。採用面接のとき、少々日本語がおかしくなろうが、言葉に詰まろうが、途中で遮ったりせず話に耳を傾けてくれ、ちゃんと“会話”ができたことが印象に残っています。

現在の仕事内容・担当業務を教えてください。

現在は建物の構造設計と監理を行っています。業務のタイミングによっては、設計が終わって工事を始める前の申請を行っている物件や、完成を目前に工事中に行った計画の変更を申請している物件など申請関係の比重が大きい時もあります。私が構造設計部に配属となってからまだ2年半ほどですが、就活をしていた頃の希望通りに小学校やマンション、ホテルなど、様々な物件に関わることができています。

これまでで一番思い出に残っている現場・職場はどこですか?

一番思い出に残っているのは、1年目に配属された南柏作業所です。杭工事から建物の完成(竣工)まで、自分たちよりも大きいものを人の手で造り上げていく達成感を初めて味わった現場です。最初は雨が降ったらどろどろになってしまうような、ただ広い空き地だったのに、建物が完成し、周辺もきれいに舗装、植栽が施された現場の姿は、一年分の楽しかったこと・苦しかったことも相まって、非常に感慨深かったです。

これから佐藤工業で成し遂げたいことや、今後の目標を教えてください。

今後の目標は、建物の構造設計はもちろんのこと、現場の手助けができるようになることです。
お客様に引き渡す商品(建物)を実際に造っているのは現場です。その商品をより良いものにし、お客様に満足していただくために、ゼネコンは意匠・構造・設備設計、技術研究所等がいつでも現場を手助けできる環境にあります。私ももっとたくさんの経験を積み、知識を蓄えて、現場の役に立てる存在になりたいと思っています。

Career Path

1年目
支店から本社・技術部に出向し、実験補助
工事担当
2年目
本社/構造設計
2月から初めて自分の担当物件を持つ

favorite construction

麗しの杜光ヶ丘

麗しの杜光ヶ丘

入社理由を教えてください。

当時は東日本大震災の年で就職超氷河期とも言われている中での就職活動でしたので、なにより仕事を続けることを考慮しておりました。その中で佐藤工業の会社説明会でお話した先輩社員や人事の方がやさしそうな雰囲気が印象的で、ここなら続けていけると感じました。また、私の祖父が病気で入院しており病院に行く機会が多かったのもあり、学生の頃から病院建築に興味があり病院建築の実績がある佐藤工業を選びました。

現在の仕事内容・担当業務を教えてください。

現在はリゾートホテル等の積算業務と巡回で学生マンションと事務所ビルの設備現場管理を行っています。本社設計時は機械設備のみでしたが、支店での見積や現場管理では電気設備・機械設備の両方の図面を見ます。また、現場管理ではサブコンが作成した施工図等の資料のチェックやお客様との打合せを行います。建築職と比べると早い段階でお客様と関わる事や1度に複数物件を担当することは設備職の特徴の一つかと思います。

これまでで一番思い出に残っている現場・職場はどこですか?

石垣島のリゾートホテルで始めて設備の現場管理を行ったのが思い出に残っています。設備職は最初、設計、積算、施工の業務をローテーションで行い仕事を覚えます。私は最初設備設計に配属されており、4年程機械設備の設計業務を経験した後の配属だったため、初めはわからないことが多く上司や先輩社員に力を借りながら業務を進めました。その中で、現場の納まりや、設計段階での検討の必要性などを学ぶことが出来ました。

これから佐藤工業で成し遂げたいことや、今後の目標を教えてください。

マンション、事務所ビル、ホテル、病院やアリーナなどは様々な用途の実績がある会社なので上司、先輩に教えてもらいながら様々な物件を経験し、社会に貢献できる建物を建てられるよう努力していきたいと思います。
また、設計に所属している時に設備設計1級建築士の受験資格を得る為に、1級建築士を取得しているので次は設備設計1級建築士の取得をめざし勉強したいと思います。

Career Path

1年目
設備担当
2~4年目
本社/設備設計
5年目
設備担当
6年目
設備担当(4現場兼務)、他積算業務

favorite construction

ゼビオアリーナ仙台

ゼビオアリーナ仙台

入社理由を教えてください。

就職活動の際、特に業界を絞ることなく様々な説明会に参加をしていました。その中で当社の説明会を聞き、以前から建設業に興味があったこともあり志望しました。その説明会で「優しい人」が多いのが長所であり短所だ、というお話がありました。選考が進んでいき社員の方と会話をしていく中で、それを実感する機会が何度もありました。その人柄や温かい社風に惹かれ、入社を希望しました。

現在の仕事内容・担当業務を教えてください。

出納という銀行や金庫のお金を管理することが主な業務となります。支払の情報を把握し、担当拠点のお金をサイクルさせることを意識しています。それを主軸として、支払の手続きや決算書の作成、他にも現場から提出される請求書のチェックなどを行っています。社外からの振込に関するお問い合わせも受けています。

これまでで一番思い出に残っている現場・職場はどこですか?

印象に残っているのはメトロ浅草作業所です。私が初めて配属されたのがこの現場であり、支店の先輩社員はもちろんですが、現場の技術職の方に基礎となることを教えていただきました。また、近隣にお住まいの皆さんへの対応や他社の現場との調整など、多くのことを配慮しながら作業に臨んでいることを学びました。現場の様子を日々見ながらそれに伴う業務に関わることは、建設業に携わる者の一人だという実感が湧きました。

これから佐藤工業で成し遂げたいことや、今後の目標を教えてください。

現場・経理を経験して、自分の力不足を感じる機会が何度もありました。特に現場に配属されていた頃、もっと知識があれば、もっと経験があればという状況に陥った時には、いつも先輩社員に助けられてきました。その先輩方に追いつき、後輩社員にしっかりと教えられるように早く成長をしたいです。同時にお世話になった技術屋さん含め、現場の方からも頼られるような存在になりたいと考えています。

Career Path

1年目
現場事務
2年目
支店/経理

favorite construction

GLP狭山日高Ⅱプロジェクト

入社理由を教えてください。

就職活動時、やりたい事も見つからず、周りに合わせて就職セミナーに通っていたある日、いつものように大好きな映画「釣りバカ日誌」を見ていた際、そういえばハマちゃんが勤めている「ゼネコン」ってどんなことするんだろう?と興味を持ったのがきっかけです。その後、建設業について自分なりに調べますます興味が湧き、数社にエントリーして面接を受けたのですが、佐藤工業が断トツで映画に出てくる「鈴木建設」の雰囲気に似ていたためこの会社に決めました。人の良さや仲間と協力して仕事に臨む姿勢、最初に抱いた印象は、入社した現在も変わりません。

現在の仕事内容・担当業務を教えてください。

現在は出身地である広島県で、現場事務として清掃工場の建築現場に常駐しています。仕事内容としては、総務・経理・労務安全・品質書類など多岐に渡りますが、一番の仕事は、発注者への請求資料作成や協力会社への発注・支払い業務、所長の原価管理補助といった、お金に関する仕事です。大型プロジェクトであるため扱う金額も大きく、緻密な管理が求められます。また、若手ながら事務長という立場で現場に常駐させてもらっているので、時には技術職の上司にも無駄がないかを確認したり、進言したりしなければならないこともあり、非常に責任のある役割だと感じています。大型現場で人数も多いので、上司や後輩と頻繁にコミュニケーションを取ったり、イベントを企画するなどして円滑な職場環境を築けるよう気を配っています。

これまでで一番思い出に残っている現場・職場はどこですか?

思い出に残っている現場は数多くあるのですが、最も印象に残っているのは和歌山県のトンネル現場です。店内の経理から初めて現場配属となり、土木工事のスケールの大きさにただ驚くばかりでした。トンネル完成時に自分の車で初めて走行した時には、ナビにのっていない道を走りながら、地図に残る仕事に携わっていることへの誇りを感じました。

これから佐藤工業で成し遂げたいことや、今後の目標を教えてください。

現在所属している清掃工場の現場は幸いにもスタート時から携われているので、地下工事での様々な工法を上司に直接教えてもらったり、難しい専門用語をその都度調べたりしながら建築物が出来ていく様子を見ることが出来ています。今後も躯体工事を通して建築に関する知識を身に付け、将来は建築営業になってみたいと思っています。自分が営業に向いているかは分かりませんが、何事もチャレンジすることが大事だと考えています。ハマちゃんも営業ですから。

Career Path

1年目
支店/経理
2年目
現場事務(土木5現場兼務)
3年目
現場事務(建築3現場兼務)
4年目
現場事務(事務長)

favorite construction

西消防署、福島コミュニティーセンター

入社理由を教えてください。

人々の生活を支えるような仕事をしたいと思ったのがきっかけです。就職活動を始めた頃は、一つの業界に絞らずにいろんな業界の話を聞いていました。そんな中、佐藤工業に出会い、話を聞いていくうちに、建設業界のスケールの大きさに魅力を感じ、また佐藤工業の社風・人の良さを感じ、ここで働きたいと思い入社を決めました。

現在の仕事内容・担当業務を教えてください。

現在は主に、支店の人事・給与関係の業務を行っています。給与関係業務として、職員の大事な給与を会社の規程や雇用形態に基づき、各種手当などを確認し計算をしています。人事関係業務では、労務管理や社員の募集や採用などの業務を行っています。職員の勤怠確認であったり、契約社員の管理などを行っています。また、新卒採用の仕事にも携わっていて、各大学に出向き会社説明も行っています。もしかしたら皆さんとお会いするかも知れませんね。

これまでで一番思い出に残っている現場・職場はどこですか?

やはり当社の最前線でもある現場を経験したことが思い出に残っています。入社して半年後に、現場配属となり常駐で事務の仕事を行いました。配属となった浜岡原子力作業所は、広大な敷地で、毎日何百人、何千人という作業員が出入りする大現場であり、その規模に圧倒されました。日々たくさんの方とコミュニケーションを取り、また現場に足を運ばないとわからない現場の雰囲気などを感じることができ印象に残っています。また現場の総務・経理など技術職以外の幅広い仕事を行い、その経験が今でも活きています。

これから佐藤工業で成し遂げたいことや、今後の目標を教えてください。

まずは、後輩への指導に力を入れていきたいと思います。現配属箇所には、若手職員がたくさんいます。今まで自分が経験したことや培った知識を後輩へ伝え、後輩の成長の後押しをできればと思います。その課程の中で、自分自身も成長し、将来的には誰からも頼られるようなリーダー的人物となり、後輩だけでなく先輩方も巻き込みながら、楽しく仕事をしたいと思います。

Career Path

1年目
現場事務
2〜7年目
支店/総務

favorite construction

富山市庁舎