新着情報
  • HOME
  • 新着情報
  • シンガポールの発展に寄与 「MRTクロスアイランド線CR115工区」を受注

本文印刷

シンガポールの発展に寄与 「MRTクロスアイランド線CR115工区」を受注

2022年01月21日

佐藤工業は、シンガポール陸上交通庁(LTA)が発注した「MRTクロスアイランド線(CR115工区)タビストック駅およびトンネル工事」を、設計施工にて単独受注しました。

クロスアイランド線はシンガポールで8番目の新線となり、同国本島を横断してアビエーションパーク駅からブライトヒル駅(全長約29㎞、12駅)を結ぶ路線で、第一期工事(CRL1:クロスアイランド線東部)から着工しています。第一期工事では、乗換駅で4本の既設線との乗り換えが可能となります。

CR115工区は、地下駅タビストック駅、およびセラングーンノース駅の西端とアンモキオ駅の東端との間のシールドトンネルの設計と施工からなり、プロジェクトは今年1月に着工となりました。土圧式シールド機は、新設タビストック駅の西に位置する発進立坑で組み立てられ、西から東へ向かって鉄道用トンネルを構築します。工事では、道路の切廻しや複雑な地下埋設物の迂回を工事の段階ごとに何度か行う必要があり、またシールドトンネルでは、カッタービットを摩耗させる固結シルトとして知られる古い沖積層が存在します。

当社は、1971年にシンガポールへ進出してから50年を迎え、インフラ整備を始めさまざまな土木・建築工事に携わってきました。地下鉄工事では、東西線3工事、北東線2工事、環状線1工事、ダウンタウン線3期工事3工事を施工、さらにトムソン・東部地域線第2期工事において、アッパートムソン駅とトンネルを施工し、昨年8月に開業しています。

引き続き、同国の文化を大切に、現地に根づいた施工システムで、シンガポールの発展に寄与していきます。

新設するタビストック駅コンコース階完成予想
新設するタビストック駅コンコース階完成予想

このページの上へ