会社案内

本文印刷

技術研究所報 No.11(1984年)

2003/01/01

報文名 著者名
高架橋における振動の影響(その1) 稲田広文,滝沢正実,勝俣修,
湯山憲治
公会堂形式建築物の耐震補強工事とその性能の検討
 - N市文化会館の場合 -
島谷宏治,長屋雅文,秋田勝美
高配筋耐震壁の開口に関する研究(その2) 東浦章,佐藤和英,高田誠一
SFRC短柱のせん断拳動に関する研究
 - せん断耐力式の検討 -
柳沢学,柳瀬高仁
ロック材料大型せん断試験装置による2,3の予備試験結果について 大野一昭,渡辺和夫,松本徳久
地盤の非線形地震応答解析に関する研究
 その4. 新しい履歴法則の提案
吉田望,辻野修一
有限要素/境界要素の結合解法による粘弾性解析手法の一考察 吉田望,金子典由,篠川俊夫
FEM解析における掘削相当外力についての2,3の考察 矢田敬,児玉敏雄
川井モデルによるロックボルトのモデル化についての検討 矢田敬,児玉敏雄,今野裕喜,
西野治彦
地盤震害と地形・地質条件に関する研究
 - 1983年日本海中部地震を対象として -
山本松生,佐藤潔,作内裕人
地盤材料の非線形性を考慮した表面波による地震応答解析 中村晋,小林恒一
八郎潟干拓地堤防における深層ボーリングについて 山本松生,佐藤潔,中橋晃一
内部点加振をうける三次元半無限弾性地盤の振動解
 その1. 鉛直成分について
中澤裕文
高熱トンネルにおける覆エコンクリートのひびわれの検討 湯田友夫,松原啓
コンクリート外壁の水密性に関する実験研究
 その4. 流しトロ法によって充填したサッシ廻りの水密性の経年変化
松尾忠
ガスエンジン駆動ヒートポンプに関する実験的研究(その2)
 - 昭和58年~59年夏期・冬期実験結果 -
本多昭喜,八十田茂,坂本優

一覧へ戻る

このページの上へ