CSR

佐藤工業の社会的責任

  • TOP
  • CSR
  • 環境保全の取り組み

環境保全の取り組み

佐藤工業は、地球環境をより良い状態で将来世代に継承するために、建設活動を通して培った環境技術・ノウハウを一層向上させ、持続可能な社会の実現に向けて社会的責任を果たしてまいります。

エコ・ファーストの約束

佐藤工業は、2020年10月21日に、環境大臣より『エコ・ファースト企業』の認定を受けました。

 1.温室効果ガスの排出を抑制し、脱炭素社会の形成促進、カーボンフリーの実現に貢献

 2.廃棄物の削減と適正処理への取組みを推進し、循環型社会の形成促進に貢献

 3.生態系多様性の保全と持続可能な開発を追求し、自然共生社会の形成促進に貢献

 4.環境学習・環境教育を推進し、役職員の環境配慮行動を促進

 5.環境コミュニケーションの向上に努め、地域の環境保全、コミュニティ活性化に貢献

を骨子とする『エコ・ファーストの約束』に基づき、環境先進企業としての地球環境保全の取組みを推進していきます。

環境省【エコ・ファースト制度】 https://www.env.go.jp/guide/info/eco-first/

環境方針と環境目標

佐藤工業は、環境経営の充実に努めるとともに、事業のプロセスを通じて、脱炭素社会、循環型社会、自然共生社会の実現に貢献するため、環境方針と環境目標を定めています。

環境方針(2021.7.1 改正)

  1. 環境に関連する法規制および社会からの要求事項の遵守を徹底する。
  2. 建設物のライフサイクルを考慮し、環境に配慮した建設活動を推進する。
  3. 環境技術の向上・開発を加速し、カーボンニュートラル、ゼロエミッションの早期実現を図る。
  4. 環境に配慮した活動の意識と知識を向上するため、環境教育や啓発を推進する。
  5. 積極的に環境活動情報を発信し、社会との連携やコミュニケーションを図る。
  6. 環境マネジメントシステムの継続的改善により、環境パフォーマンスを向上する。

環境目標と結果(第91期:2020年7月~2021年6月)

目 的 テーマ 環境目標 第91期目標値 結果 実施部署
環境経営 法令遵守
汚染防止
地域社会・第三者への迷惑の撲滅 環境関連の事故・災害の発生 0件 全本部
環境法規制の遵守、法規制違反の撲滅 環境法規制違反による行政処分 0件 全本部
環境配慮設計 建築環境配慮設計の促進 CASBEE(簡易)の実施(省エネ法規制措置対象建物) 全件 建築設計
CASBEE S取得 1件以上 建築設計
環境活動 社会環境活動の推進 本支店における
活動件数
10件以上 管理本部
脱炭素社会 CO2削減 施工段階におけるCO2排出量の低減 作業所CO2低減活動の取り組み実施 全作業所 土木・
建築本部
資源エネルギー消費抑制 ZEBの普及 ZEB
リーディング・オーナー
登録 技術
センター
ICT施工導入による省力化の推進 土木作業所への導入 23作業所以上 土木本部
省力化工法の積極的な採用 建築作業所(5億円以上)の実施 100% 建築本部
オフィスにおける環境配慮の実施 用紙・電力・上水道の使用量 抑制推進 管理本部
循環型社会 建設副産物対策 電子マニフェスト普及率の向上 電子マニフェスト
使用の指導
施策推進 土木・
建築本部
建築新築工事の
混合廃棄物の低減
延床面積あたりの発生原単位低減 10kg/m2以下 建築本部
自然共生社会 生物多様性の保全 工事における生物多様性の保全 作業所への啓発と活動事例の収集・展開 施策推進 土木本部

○=達成

← 横スクロールでご覧いただけます →

環境目標(第92期:2021年7月~2022年6月)

目 的 テーマ 環境目標 第92期目標値 実施部署
環境経営 法令遵守
汚染防止
地域社会・第三者への迷惑の撲滅 環境関連の事故・災害の発生 0件 全本部
環境法規制の遵守、法規制違反の撲滅 環境法規制違反による行政処分 0件 全本部
環境配慮
設計
建築環境配慮設計の促進 CASBEE(簡易)の実施(省エネ法規制措置対象建物) 全件 建築設計
CASBEE建築評価員の増員 1名以上 建築設計
環境活動 社会環境活動の推進 本支店における
活動件数
10件
以上
管理本部
環境学習 eco検定(環境社会検定)の取得奨励 役職員取得率 63%
以上
安全
環境室
脱炭素社会 CO2削減 施工段階におけるCO2排出量の低減 施工高1億円あたりのCO2排出量 91期比
1.4%削減
土木・
建築本部
資源
エネルギー
消費抑制
ZEBの普及 ZEB
リーディング・オーナー
毎年の
実績報告
技術
センター
ZEB
プランナー
毎年の
実績報告
建築設計
ICT施工導入による省力化の推進 土木作業所への導入 25作業所以上 土木本部
省力化工法の積極的な採用 建築作業所(5億円以上)の実施 100% 建築本部
オフィスにおける環境配慮の実施 用紙・電力・上水道の使用量 削減推進 管理本部
循環型社会 建設副産物
対策
電子マニフェストの普及促進 電子マニフェストの普及率 95%
以上
土木・
建築本部
建設工事の
廃棄物の低減
建設混合廃棄物排出率 3.3%
以下
土木・
建築本部
自然共生社会 生物多様性の保全 工事における生物多様性の保全 作業所への啓発と活動事例の収集・展開 施策推進 土木本部
← 横スクロールでご覧いただけます →