会社案内

本文印刷

技術研究所報 No.31(2005-2006)

2006/11/22

論文名 著者名
含浸性表面改質材による予防保全技術の開発(その1) 宇野洋志城,伴享,木村定雄
下水汚泥焼却灰を用いたシールド工事用セグメント(高流動エコセグメント)の現場導入 宇野洋志城,市野大輔,伊藤敬慶,倉木修二,西山寛
マイクロバブルを用いた液状化対策工法の適用性に関する基礎的研究 永尾浩一,前田幸男,末政直晃,片田敏行,京藤敏達
衝撃波締固め工法-制御発破を用いた液状化対策工法- 前田幸男,永尾浩一,辻野修一
マイクロバブルの建設・環境分野への適用に関する研究 歌川紀之,金子典由,小俣文良,楠岡弘康,木俣陽一,関東継樹,京藤敏達
透水性舗装をベースとしたヒートアイランド抑制舗装の開発 金子典由,菊田道宣,織茂俊泰,今岡彦三,関口修,浅野嘉津真
アーバンゲートの開発と実用化
(地盤改良を不要としたアーバンゲートによるシールドの発進・到達)
早川淳一,小野崇
-特別寄稿-
幌延深地層研究計画の概要と現状について
瀬谷正巳,畑中耕一郎,福島龍朗
-特別寄稿-
幌延深地層研究センター地下施設の建設について
瀬谷正巳,森岡宏之,福島龍朗

一覧へ戻る

このページの上へ