新着情報
  • HOME
  • 新着情報
  • ラオスで「廃棄物管理改善計画の中継基地建設工事」が竣工

本文印刷

ラオスで「廃棄物管理改善計画の中継基地建設工事」が竣工

2016年02月03日

ラオス人民民主共和国から受注したODA建築工事、「廃棄物管理改善計画の中継基地建設工事」が完成し、2016年1月29日に、首都ヴィエンチャンの建設地において、関係者が多数出席して竣工式が執り行われました。

ヴィエンチャン市内のごみ収集に関しては、慢性的に収集車の数が不足しており、当工事はそれを解消するためのパイロットプロジェクトと位置づけられています。

当中継基地は、小型のごみ収集車で集められた同市内のごみを、当施設で大型の収集車に積み替え、最終処分場へ運搬するための役割を担うもので、諸施設の建設とごみ供給装置の据付を担当しました。

当施設の完成により、首都ヴィエンチャンおよび周辺地域の廃棄物収集・輸送環境の改善が図られます。

式典参加者

式典参加者

テープカットと記念撮影

テープカットと記念撮影

北東より施設全景
北東より施設全景

このページの上へ