新着情報
  • HOME
  • 新着情報
  • DBO方式による弘前市の浄水場等建設事業に参画

本文印刷

DBO方式による弘前市の浄水場等建設事業に参画

2020年06月05日

-「樋の口浄水場等建設事業」に関する契約を締結-

 佐藤工業を含む民間企業グループは、このたび青森県弘前市との間で、「樋の口浄水場等建設事業」に関する契約を締結しました。

 当事業は、PPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ:官民連携)事業の一手法であるDBO(Design Build Operate:設計、建設、維持管理・運転一括発注)方式を採用し、当該浄水場等の施設整備において、長期的な視点からコスト縮減と安定的な運転を図るものです。

 当社は、これまでも浄水場建設で多くの実績を有しており、当事業においても土木建築工事を担当します。先進技術を積極的に活用し、地域の皆さまの安全・安心な暮らしに貢献してまいります。

 

<事業の概要>

事 業 名   樋の口浄水場等建設事業

事業内容  樋の口浄水場、常盤坂増圧ポンプ場、岩木川取水ポンプ場の更新にかかる設計・建設事業および市内の

      水道施設の運転管理

事業期間  設計・建設期間:2020年4月~2026年3月

      運転管理期間 :2026年4月~2041年3月

事業方式  設計、建設、維持管理・運転一括発注(DBO:Design Build Operate)方式

施設能力  計画浄水量 38,000㎥/日(樋の口浄水場)

構 成 員   株式会社クボタ(代表企業)、東芝インフラシステムズ株式会社、佐藤工業株式会社、株式会社NJS、

      株式会社東京設計事務所、株式会社弘新建設、弘南建設株式会社、クボタ環境サービス株式会社

<新「樋の口浄水場」の完成予想図>
<新「樋の口浄水場」の完成予想図>

このページの上へ