技術とサービス

建築分野

ZEB・建築設備

ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)への取り組み

佐藤工業が自社施設として設計を進めてきた「技術センターSOU」がnearly-ZEB認証を取得して2020年に着工しました。様々な環境配慮技術を盛込んだ自社施設において、数多くのデータを取得することは勿論、設定を変更してデータがどのように変化するのか実証実験を繰り返すことにより、更に高度なノウハウの蓄積が可能となります。佐藤工業はこれらのノウハウを最大限活用して、お客様の多様なニーズに合わせた最適なZEBを実現すると共に、持続可能な社会の実現に向けて社会的責任を果たしていきます。
※2021年1月に一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)より「ZEBプランナー」に登録されました。

建築設備簡易劣化診断システム

建築設備の劣化はその効率低下によるランニングコストの浪費、空気質汚染よる居住空間の悪化、漏電等による破損・人身事故を招くだけでなく、燃料の過剰消費による排気ガスは地球環境にも大きく影響します。
建築設備の劣化状態を明確にすることは、顧客が更新を判断する上で必要不可欠であると考えられます。
本システムは、パソコンを活用し、画面上の操作手順に従って診断を進めていくもので、診断は予備診断、簡易診断、専門診断の3段階で構成されています。

室内気流解析による温度分布の予測

気流解析は、コンピュータによって空気の流れを計算する技術であり、最近のコンピューターと解析技術の発展により実用化を迎えつつあります。
この技術を、室内の熱・空気環境に適用することにより、空調計画に重要な室内の温度分布や気流分布、吹出し気流の到達範囲などを予測することができます。
明確な裏付けに基づいた室内環境のシミュレーションを可能にします。

1

このページの上へ