技術とサービス

本文印刷

流動化処理土の製造方法および装置

概要

「流動化処理土の製造方法および装置」は、泥土圧シールドより排出された粘土魂を含む掘削土を流動化処理土にする加工処理システムです。

従来、泥土圧シールドでは掘削土を分級しないため、最終品質を一定に保つことが難しく、再利用しにくい状況にありました。

本システムでは、高速せん断式の解泥装置によって短時間で所要の含水比に調整し、粘性土を完全に溶解して一定品質の流動化処理土を効率良く、かつ精度良く製造することが可能です。

システム処理フロー図
システム処理フロー図

特長

  • 大容量・高濃度の流動化処理土を連続的に製造できます。
  • 掘削泥土の受入から解泥、比重調整、貯泥、セメント練混、および打設までの工程を、一連の流れにしたがって行うことができます。
  •  プラント設備スペースを小さくできます。
  •  粘性土を完全に溶解でき、セメントと泥土の混合攪拌が均一に行うことができます。

 

施工実績

  • 半蔵門線本所工区土木工事

お問い合わせ

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム

このページの上へ