技術とサービス

土木分野

コンクリート

ウォータージェット削孔による補強鉄筋の挿入工法

ウォータージェット工法による削孔(以後WJ削孔)は、超高圧水発生装置による超高圧水をWJ削孔はつり装置を介して吐出しコンクリートを削孔する技術です。この技術を利用し、既存鉄筋を損傷せずに補強鉄筋の挿入孔を削孔可能とする工法です。

コンクリート健全性評価システム 健コン診断ポータブル

システムの機器構成

「健コン診断ポータブル」は、従来の叩き点検の原理を用いてコンクリート表層部(おおよそ深さ25cmまで)の健全性を評価するシステムです。叩き点検の経験が少ない人でもコンクリート表層部にあるはく離、空洞などの欠陥の検知や部材厚さの定量的な評価が簡単にできます。

1

このページの上へ