技術とサービス

本文印刷

カンチレバー架設工法

カンチレバー工法は、地上支保工なしで橋脚又は橋台より張出し施工するコンクリート橋の架設工法で、連続桁橋やラーメン橋のほか、 斜張橋、エクストラーズド橋、長スパンを有するアーチ橋の架設などに適用されています。 また、地上からの支保工を必要としないため、深い谷、流量の多い河川や海上、交通量の多い街路上等での架設に適しています。

(カンチレバー技術研究会ホームページより引用)

 


特長

  • 適用スパンが50~500mと幅広く、特に長スパンの橋梁に適しています。
  • 大がかりな架設装置を用いないため、長スパンの橋梁を経済的に施工します。
  • 移動作業車内で工事が進められるので、気象条件に左右されず効率的かつ安全に施工できます。
  • 3~5m毎に分割して、同一作業の繰り返しで施工するため、作業者の熟練が早く品質の向上が図れます。
  • 各施工区間毎に誤差の修正が可能なため、施工精度を高めることができます。

お問い合わせ

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム

このページの上へ