技術とサービス

本文印刷

新素材を使ったシールド発進・到達工法 「NOMST工法」

概要

NOMSTは、シールド機のカッタービットで切削できる新素材コンクリートを用いた新しいシールドの発進・到達工法です。

従来の工法ではシールドの発進・到達のために、防護工として地盤改良を行い、坑口の立坑土留め壁の人力による取り壊しが必要でした。しかし、NOMSTではシールド機のカッタービットで切削できる新素材コンクリートを使用することにより、薬液注入による地盤改良や危険を伴う人力による坑口の取り壊しを行わずにシールド機の発進・到達を可能としました。

 


特長

経済性の向上

発進・到達のための薬液注入が原則として不要です。そのため、地下水汚染防止、工期短縮が可能で、コストメリットがあります。

発進・到達時の安全性確保

危険作業が解消され、作業者・管理者の安全管理も容易になります。

工期短縮

工期が短縮できます。

作業の省力化

発進・到達の自動化、省力化ができ、はつり工などの職人の確保難が解消されます。

お問い合わせ

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム

このページの上へ