技術とサービス

本文印刷

山岳トンネルの急速施工システム DMEC

概要

山岳トンネルにおける発破掘削工法では、地質の変化が激しく複雑な日本の地質条件から、作業の自動化や省人化が進めにくい分野とされていました。

 「DMEC」は、これらの課題を解決するため、長年にわたる発破掘削工法の技術開発の成果をもとに4つの技術を統合し、作業の自動化と省人化、安全性と効率性を向上させた山岳トンネルの急速施工を可能にするシステムです。

 「DMEC」は、次の4つの技術で構成されています。

  1. 長孔削孔システム(Drilling)
  2. 発破パターンマーキングシステム(Marking)
  3. 発破エキスパートシステム(Expert)
  4. 新装薬システム(Charging)

 

DMEC概念図
DMEC概念図

施工実績

  • 北幹、五里ガ峰T(上田)他1工事(日本鉄道建設公団)
  • 北陸自動車道親不知トンネル工事
  • 奥只見発電所放水路工事

DMECは、鉄道複線トンネル工事で月間掘削進行距離260mを達成し、システムの有効性を実証しています。

この技術を用いた工事実績

お問い合わせ

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム

このページの上へ