技術とサービス

病院施設の災害対策

特長

コージェネレーションシステムで、エネルギーを確保

災害時、供給が再開されるまで、コージェネレーションで電力や光熱を確保します。

地震に強い病院建築を実現

免震・耐震技術で、地震によるダメージを防ぎます。

医療活動に必要な水を供給

地域防災通信システム対応の通信手段により、各方面との連絡が可能です。

概要


 阪神淡路大震災、東日本大震災でみられたように、地震災害時には電気・水道・通信などのライフラインが寸断され、建物自体にも大きなダメージが生じます。そうした場合、病院としては、医療機能が完全に麻痺してしまう事態は何としても避けなければなりません。

災害時に地域医療活動の拠点として機能するためには、独自のエネルギー源を確保し、建物の耐震性を高めておく必要があります。佐藤工業では総合的な視点から、災害に強い病院づくりを追求しています。

建物の耐久度を高め、エネルギーやライフラインを確保。災害時の医療活動を支えます。

地震による主な診療機能低下原因
地震による主な診療機能低下原因

ガス・コージェネレーションシステムとシステムフロー
ガス・コージェネレーションシステムとシステムフロー

基礎免震工法

基礎免震工法

地域防災システム

地域防災システム

お問い合わせ

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム

このページの上へ