技術とサービス

耐震診断・耐震補強

耐震診断・耐震補強

建物の耐震性能を高める・・・。それはこれからの時代が建物に求める新しい資産価値でもあります。耐震性能を高め、建物を財産としてより価値あるものにすることができます。

補強によって万が一の大地震でも損傷を最小限に防ぎ、人命を守り、解体に及ばないようにします。テナントビルにおいては、入居者や得意先に対する信頼性が向上すること、あるいは貸しやすい建物になるということです。そして、収益の向上や地域社会に対する貢献という意味でも、お手伝いできることがたくさんあります。

佐藤工業は、安心という大きな資産価値の創造のために、耐震診断と耐震補強の技術を提案いたします。 

耐震診断プログラム

佐藤工業の耐震診断は、まず予備診断によって診断のグレードを決めることから始まります。各建物の築年数、規模、形状、立地条件などを考慮し、次に行うべき診断を確定します。さらに必要に応じて仕上げや設備機器などの耐震性も診断いたします。

耐震診断の流れ
耐震診断の流れ

耐震補強計画

診断の結果、耐震性に問題がある場合、補強目的・補強方法・補強費用などを明確にし、すみやかにその建物に最適な補強計画を立案します。なお、建物の設計図書の有無により、耐震診断・耐震補強にかかる費用や期間が変わることがあります。


耐震補強技術

RC造建築物の耐震補強例


耐力を向上させるための技術

地震に対する建物の耐力向上に最も効果的なのは、耐震壁や鉄骨ブレースを増設することです。また、これらの耐震壁や鉄骨ブレースを建物の適切な位置に配置することは、耐力向上のほかに偏心率や剛性率の改善につながります。

じん性を向上させるための技術

じん性とは建物のねばり強さのことです。建物のじん性を向上させるために、柱の補強をおこないます。柱の断面を大きくする、せん断補強鉄筋の量を増やすなどの方法により、建物が大きく変形しても倒壊しないよう、柱のねばり強さをアップさせます。たれ壁や腰壁にスリットを設置して、柱の長柱化を図る場合もあります。

耐震技術

免震技術


建物の周期をゆっくりとさせ、地震の揺れの強さと振幅を抑える免震構法。その基本原理は、建物と地盤の間にクッションの役目をする免震装置を設置し地震エネルギーや揺れを低減させるものです

制震技術

減振装置または機構を設けることにより、建築物に作用しようとする振動外乱に対し建築物の揺れを抑制または制御しようとする技術です。

地盤改良技術

軟弱地盤にセメントスラリー等を注入し、現地盤と混合かくはんすることにより、地盤の安定強化を図ります。改良柱の強度は自由に設定でき、液状化の防止に大きな効果があります。

建物改修における免震・制振技術の応用(レトロフィット)

免震技術や制振技術は既存建物の改修にも用いることができます。

地盤の応答解析技術

地震による被害は震源域からの距離、地質地盤構成により複雑に異なってきます。特に崖地、丘陵地および地層が傾斜しているような不整形地盤では、水平成層地盤に比べ地盤振動が大きくなります。建築物の耐震診断には地盤の振動特性を把握することも必要です。

お問い合わせ

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム

このページの上へ